トップ > 講師一覧 > 工藤 博司

工藤 博司

認定院

①横山式を学ぼうと思ったきっかけ

自分が理想とする手技療法だった

「手当て」という言葉があります。患部に手を当てて治す、という事。 「こんな方法が治療で使えれば理想だなぁ」と思っていた所に整体の仲間から貰った横山式筋二点療法のセミナーの広告の内容は私にとってどんぴしゃりであった。

何の抵抗もなくセミナーに参加しました。

1995年6月26日より受講したノートはその後1年で7冊にもなった。 開業3年目でこのセミナーに巡り合い、5年目を迎えた頃には工藤整体院は自然と横山式筋二点療法に切り替わっていた。 カリキュラムが実践的に組み込まれていて、即役立ち、何よりも治っていくという事実は患者様が体験し、経営が安定していきました。

②卒業後の研究会入会理由

参加する度に進化する

例えば腰痛セミナーを再受講したとすると、前回のレベルとは異なっている。 同じ腰痛セミナーなのに、ノートには難疾患対策の内容にレベルアップしている。

次から次へと進化が止まらない…

だから広告代に費用をかけているより入会して技術を上達させる方に掛ける。 その結果、改善していく疾患の範囲はどんどん広まっています。

③どのような患者様に効果的か

「肩こり・頭痛」の痛み解放には特に効果的

70%の患者様は女性です。男性に比べて辛抱強い女性は深部の筋肉まで酷使して来院なさいます。

肩コリ、腰痛、頭痛などで70%を占めます。

特に女性の頭痛持ちの方は肩こり=頭痛となり、これらの痛みの同時解放は次への患者様への繋がりとなっています。

新規受講生の皆さんへ

この素晴らしい療法をどう伝えていくのか?

それは患者様にこの療法を味わって頂くだけでなく、これからこの療法を学ぼうと希望に燃える新規受講生に還元することにより使命が果たせると考えています。

個別の実技指導、臨床指導は当院にて受講が可能です。

技術と共に開業後の経営術なども約20年の実績を有する当院のノウハウも同時に学んで頂きたいと思います。力強く応援します。

ホームページ:東京北区の整体院:工藤整体院